ロック&ムーヴィーフリーク別館

アクセスカウンタ

zoom RSS アングラ・フーテン・ニューロック。。。ザ・ガードマン『煙突の上で無理心中したヌードの美女』(’71)

<<   作成日時 : 2008/09/29 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

画像前回に引き続いてニューロックネタっス。侮れませんなーーー、’70年代初頭のTV番組は。現在スカパーのファミリー劇場で放送中のドラマ『ザ・ガードマン』。’65年〜’71年という長きに渡って全350話(!)も放送されたという大ヒットドラマなんですけど、それだけ続くってことは、それだけ内容のバリエーションがあるということにもなるんですネ。っつーか、かなりムチャクチャな話が多いです(笑)。”ガードマン”さえ出てくれば後はどんな展開でも良いみたいな。同時期にやっていた『キイハンター』(東映チャンネルで放送中!)も、やっぱりムチャクチャな話多いですしねぇ。

で、ついこないだ見た『ザ・ガードマン』弟344話(!)、これがまたムチャクチャだったんですワ〜(笑)タイトルが『煙突の上で無理心中したヌードの美女』って。。。。。。訳わからん(爆)


富士山近辺に建設中のレジャーランドの工事現場に1億という大金を輸送中のガードマン(藤巻潤&稲葉義男)。同じく後ろを走る観光バス。目的地まであと少しという所でマスクに銃を持った武装集団に襲われて、1億円を奪われてしまう(観光バスもとばっちりを食って全員連れてかれてしまう)。足を撃たれ動けない稲葉義男を置いて助けを呼びに山をさまよう藤巻潤。ほどなくして鉱山を発見、そこで働く作業員に助けを求めるが、人に逢えた安心感で気を失ってしまう。。。。。うっすらとした記憶の中で彼の目に映る医者・看護師たち。。。。。。。


やがてレジャーランドの建設現場に降ろされた所で気がつく藤巻。”1億円はどうした?!”と問い詰められ、訳を話す藤巻だったが、現場監督、そして駆けつけた警官にも怪訝な顔をされてしまう。それもそのはず、彼が見たという鉱山は2年も前に閉山したというのだ。信じられない藤巻は怪我も癒えないまま、再度その鉱山に向かう。そこにある病院も学校も、全然人気がない。”やはり夢だったのか?!”と思った時、武装集団にまた襲われる藤巻!!縛られ、山の斜面に投げ捨てられてしまうものの、応援に来たガードマン倉石功&川津祐介のヘリに運良く見つかり救出される。

画像レジャーランドに戻った3人は”あの鉱山には何かある”とニラんでいたが、その夜に例の武装集団がジープで乗り付けて食料を盗みに来襲。何とか追い返し、翌朝、鉱山を臨む高台で作戦を練る3人。ヒッピーたちの溜まり場になってることを知った川津祐介が”ヒッピーのことならオレにまかせろ!”と(何で?!/爆)のたまい、鉱山潜入を企てます。
で、まかせろと言った川津祐介の次のカットがコレ(←写真/爆)。アッと驚くタメゴローな扮装じゃん!!!乗ってるチョッパーバイクもちょっとサイズが小さくてな〜〜んかカッコ悪い(苦笑)。でもねでもね、BGMがモップスの『御意見無用(いいじゃないか)』だから許します、ハイ。カッコええなぁ〜〜〜、モップス。

画像鉱山の入り口から颯爽とバイクで乗り込む川津。途中で着物に白塗りの顔をした集団に出会います。モロに当時のアングラ劇団ですねぇ、こりゃ。その真ん中でヘンテコな歌を歌う女が一人(13番目のなんたら〜〜とか、とにかく歌詞がヘン)。あ!これまた当時のアングラもの(なんじゃそりゃ)には必ず顔を出している、緑魔子お姐さんじゃぁあ〜〜りませんか(写真→ものすごい存在感!)。

で、歌を歌い終えた魔子姐さんに、周りの男共がうへぇ〜〜〜と群がります(何で?!)。”危ないっ!”とバイクを急発進させて魔子姐さんを助け出す川津。
魔子姐さんを前に乗せてご機嫌の川津(笑)。”助けてくれてありがとう”なんて言われて鼻の下伸ばしてます。

で、ここでいきなりどアップで登場の和製エリック・バートンこと鈴木ヒロミツ先生!!あーー、ビックリした。いきなりですよ、モップス。『ザ・ガードマン』にモップスって。ニューロックバンドが登場する映画・TV番組に関する記述って結構読んできたつもりでしたけど、これは書いてなかったですね〜〜。まだまだ眠ってる映像ありますネ、これは。


画像
『旅ゆけぇばぁ〜〜〜♪駿河の国にぃ〜〜〜♪茶の香りぃ〜〜〜♪』


画像あれ、これって二代目・広沢虎造の代表的なネタ『清水次郎長伝』の中の”石松三十石船道中”冒頭の名文句じゃないですかっ!!一瞬未発表曲かと思ったんですが(笑)、これってヒットシングル『月光仮面』(’71)の次に出した”コミック路線”第2弾シングル『森の石松』(’71)だ!!!これまた激レアだなぁ〜〜〜。この回の放送は’71年11月なんですが、シングル盤発売が9月ですからまさに発売したての時ってことですネ。初めて聴きましたヨ。それもそのはず、たぶんこの曲っていまだCD化されてないハズ。。。。。(モップスのベスト盤はCD時代になってから数枚も出てますが、いずれの盤にも『森の石松』は未収録)。

この曲、『月光仮面』とまったく同じ構成なんですよね(笑)。いわゆるブルースコードに歌詞が乗っかって。。。。。本人たち自らが二匹目のドジョウを狙っちゃいけません(たぶんレコード会社の意向でしょうけど/爆)。CD化されないのもわかる気がします。


あ、長々書きましたが、モップス、そんなに長く出ません(笑)。しかし川津の”へぇ〜〜、楽団もいるんだぁ〜〜”って台詞はど〜なのよ(”楽団”って/苦笑)。

楽団のあとはヌーディスト集団(!!!)。アングラですなーーー、サイケですなーーー。
この場所は”サタン”と呼ばれる男と、彼をとりまく親衛隊(?)が支配してることを聞き出した川津は、親衛隊に入ると嘘をついて”サタン”に近づく。その”サタン”ってのが天本英世(爆)。ショッカーかっつーの。出てくる人たちが濃い人ばっか(笑)。
早速食料の強奪に借り出される川津だが、隙を見て親衛隊員2人をやっつけトレーラーに閉じ込め、レジャーランドにいるガードマンに引き渡す。そのまま敵のアジトに引き返した川津は”逆にガードマンの逆襲にあい仲間が捕まりました!”と報告するが、あっさりと正体がバレます(笑)。隠された1億円も見つけ、銃を突きつける川津。サタンをかばい”私を殺して!”と立ちはだかる魔子姐さん。

画像
しかし油断した隙に駆けつけた親衛隊員に取り押さえられる川津(ダメじゃん!!)。”ヒッピーたちを煽りたててコイツを焼き殺してしまえ!その隙にここから逃げ出すゾ!”

画像ここで再びモップス登場!!(カッコええ!!)曲は『御意見無用(いいじゃないか)』英語バージョン!!いい曲だなぁ〜〜、やっぱ♪ベースの三幸さん、ドラムのミキハルさんにもアップシーンあり!!
もっともらしい口調で演説するサタン。十字架にくくりつけられた川津。サタンをじっと見つめるバンド&ヒッピーたち。と、ここで一瞬演奏をやめて演説を聞くバンドが映るんですが、不思議なことにそれがモップスじゃないんですよねぇ〜(謎)。このシーンの撮影時に営業でも入ってたんでしょうか。エンドクレジットでモップスとダイナマイツがクレジットされるんですが、ひょっとしたらこれってダイナマイツなのかっ?!それならそれでこれまだ激レアですが。Voの瀬川洋さんみたいな人も見えるんですよねぇ〜〜。この頃ってもうニューロックの時代だから既にギターの山口富士夫さんは抜けてますね(富士夫さんらしき人も見当たりません)。ニュー・ダイナマイツって名乗ってた頃だと思われます。しかしこの辺の映像は、まさにニューロックって感じで素敵♪(意味不明)


川津祐介絶対絶命!!ってな所で宇津井健&中条静雄(渋っ!)がヘリコプターで登場!!地上からも倉石功&藤巻潤が突入!!!サタンとその取り巻きは施設を爆破!!逃げ惑うヒッピーたち。金が大事なサタンは親衛隊員たちも射殺して逃げる!!そして追い詰められなぜか煙突を登りはじめるサタン!(なんで?!)

一緒に逃げる魔子姐さんでしたが、結局は金に執着するただの俗世人だったことに失望し、持っていた銃でサタンを射殺!!!!墜落したサタンを何とも言えない表情で見つめるガードマンたち。魔子姐さんは”私も一緒に行くワ”と自らのお腹に銃を。。。。。。。。最後はぜーーーーんぶ魔子姐さんが持ってってしまいました(笑)。タイトルそのままな展開となり一件落着と(そーなのか?!/笑)。


いや〜〜〜、かなり無茶苦茶な展開でしょ?!(笑)。最初の数分見ただけではこんな展開になるとはとーーてい予想できませんよ。いきなりモップス出てくるしなぁ〜〜。あと数話で『ザ・ガードマン』も終わってしまいますが、意外な女優さんなどがバリバリ出てきそうなので(この時代の女優さん、結構好きなんです♪)、最終回までチェックしないとなぁ〜。皆様もファミリー劇場映る方はぜひご覧あれ♪



いや〜〜〜、ニューロックってほんとカッコいいですねぇ〜〜♪(無理やりまとめました/苦笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
宇津井健
小学校面談! 、校長先生を始め、特別支援の先生、コーディネーターの先生を交えての... ...続きを見る
ただしの出来事
2008/10/18 23:06
宇津井健
ドラマ:粋な老人ドラマ「長生き競争!」 死の恐怖におびえるより、元気でカッコよく... ...続きを見る
さやの出来事
2008/10/19 08:51
宇津井健
アングラ・フーテン・ニューロック。。。ザ・ た頃だと思われます。しかしこの辺の映... ...続きを見る
あややの出来事
2008/10/19 16:40
Discount soma.
Discount soma. ...続きを見る
Discount soma.
2009/05/27 15:31
Buy ambien.
Buy ambien overnight mail md consultation. ...続きを見る
Where can i buy ambi...
2009/05/29 13:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イヤーー偶然観たんだけどあまりの展開ぶっ飛び!!、、唖然、死神博士に緑魔子
モップス登場、、これがザ、ガードマン???????って、こんな番組だった??良く作ったね、、誰が考えたの??とにかくインパクトあり過ぎでした^^;
伊坂十蔵
2008/09/29 23:58
『同じく、伊坂十蔵!!』ん〜〜〜、名台詞ですナ(笑)

『ザ・ガードマン』『キイハンター』あたりの長寿ドラマは結構実験的内容(モノは言い様/爆)の話が多いのヨ。あ、今週放送のガードマン、戸部夕子(『ヘアピンサーカス』にも出てた)、吉岡ゆりといった”’70年代的美人”な女優さんが出ててオススメよ〜♪
ふぁぶ
2008/09/30 01:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アングラ・フーテン・ニューロック。。。ザ・ガードマン『煙突の上で無理心中したヌードの美女』(’71) ロック&ムーヴィーフリーク別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる