ロック&ムーヴィーフリーク別館

アクセスカウンタ

zoom RSS トビー・フーパー、実録猟奇犯罪映画第2弾!! 〜『悪魔の沼』(’76)

<<   作成日時 : 2007/10/22 01:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 8

画像テキサスの田舎町でキ○ガイ屠殺人一家がチェーンソーで大暴れするというイカれた映画『悪魔のいけにえ』(’74)で衝撃のデビューを果たしたトビー・フーパー監督が、ハリウッドに招かれて撮った監督第2作。

確か小学6年の頃だったでしょうか、子供向けの”大百科本”ってありましたよね?このシリーズの中に『怪奇大全科』という本がありまして。これがそれこそ『フランケンシュタイン』といった古典からオカルト映画(このフレーズ古っ!)、猟奇犯罪映画まで網羅してまして、しかも小学生向けだからちゃんと漢字にルビがふってあるという狂った本なんですが(笑)、これが怖くて怖くてね〜(子供の頃は異常に怖がりだったのです)。この中でも紹介されてたのが『悪魔のいけにえ』や、今回紹介する『悪魔の沼』だったんです。

なんせ怖いと思ってたので、見たのはすっかり社会人になってからです(笑)。20代後半の頃にレンタルで『悪魔のいけにえ』を見まして。いや〜、これが粒子の粗い映像、絶望感が漂ってくるような雰囲気。。。。しかもキ○ガイ一家が主人公なのでえらい怖かったんですよねぇ。。
あ、『悪魔のいけにえ』であまりピンと来ない方はここ数年シリーズとしてリメイクされている『テキサスチェーンソー』の元ネタ映画といえばわかるでしょうか。”ユーモアと狂気”が奇跡的な融合を遂げた傑作だと思います。未見の方はぜひお試しを♪

さて、そのエポックメイキングな作品『悪魔のいけにえ』で監督デビューしたトビー・フーパーが満を持して撮った2作目であります。レンタルでもなかなか見かけない作品だったので長い間見られなかったんですが、去年あたりに特典映像満載のデラックスエディションとして遂にDVD化!!ちょっと高いので買うのは躊躇してたんですが、先日会員になっているレンタル屋さんに置いてあるのを発見して即借りてみました。

画像『悪魔のいけにえ』と同じく、こちらも実際に起きた事件が元になっています。テキサスの田舎町の寂れたホテル(といっても木造のボロボロな建物)の支配人ジャド(ネヴィル・ブランド)が、ホテルを訪れる客を次々と殺害し、ホテル前にある沼に住む巨大ワニに餌として与えていた、ってだけのストーリー(!)。前作『悪魔のいけにえ』が全編ロケ撮影だったのに対し、本作はセット撮影が主となっています。なのでちょっとこじんまりとした印象。でもですね、舞台となるホテルの不気味な、ん〜〜なんと言いましょうか、イヤ〜な雰囲気は十二分に伝わってきます。こんなとこにあるホテル、泊まりたくないですよねぇ。。。(←写真)

画像一般的な評価は『いけにえ』より低いので実際あまり期待していなかったのですが、いやいや怖いじゃないですかぁ(汗)。支配人ジャド(支配人というよりは使用人みたいな風貌)を演じるネヴィル・ブランド(写真→)の迫真の演技に尽きますね、この作品。彼のキャラだけで約90分間持たせます。凄いなぁ〜。違う俳優だったら、もうヌル〜〜い作品で終わったでしょう。雑誌読みながら意味不明なことをブツブツ口ずさんでるシーンとかホント怖いですもん(泣)。それが叫びながらでっかいカマ持って追っかけてくるんですから!(泣)。幽霊とかより、キ○ガイの方が100万倍コワイっす。ジャドがカマ持って奇声を発しながら子供を追い回すシーンは、現在の地上波で流す事は無理でしょう。。。。。(苦笑)
あ、ワニは作りモノバレバレのハリボテなので、ぜ〜〜んぜん怖くないデス(笑)。

画像ちなみにネヴィル・ブランドさん、ぽっと出の中年俳優なんかではなくて、もう既に当時大ベテランだった実力派の俳優さんです。『マッド・ボンバー』(’73)でチャック・コナーズ演じる爆弾魔に爆殺される変態強姦魔役でも有名です(ヘンな役ばっかりやん!)。
『いけにえ』が全員無名キャストだったのに対し、本作はハリウッド制作ってことでメル・ファーラーなど、意外とベテラン俳優が出演してます。あ、そうそう、マニアには、後に『エルム街の悪夢』シリーズのフレディ役でブレイクする怪優ロバート・イングランドの若き日の姿を見ることができるってとこがツボでしょうか(鼻が既にフレディ!/写真右)。
女優陣は『いけにえ』から連続登板のマリリン・バーンズがまたギャーギャー叫んでおります。あとメル・ファーラーの娘役のクリスティン・シンクレア(?)が、清楚な感じで良かったかな。


そして今回のDVD化の特典映像。これがまたマニアックで(笑)。ロバート・イングランドの『悪魔の沼』思い出話をはじめ、この映画の元ネタとなった”エルメンドルフの殺人鬼”ジョー・ボールの生涯を追ったドキュメンタリーと、かなり濃い内容。そしてそして、一番の目玉が、’77年日本劇場公開当時の貴重な予告編が付いてました。これと〜〜〜っとも貴重ですヨ!!”日本ヘラルド映画”(懐かし〜!)とテロップが出て”テキサスの、人里離れた寂れた田舎町に、異常性格の男が住んでいた!!”と煽りまくるナレーション!(笑)。フィルムの痛み具合も相まって、猟奇感100%、混じりっ気ナシの気味悪さです。この頃って”ホラー”というカテゴリーはなく、”ショック映画”とか言ってたんですよね。とにかく気味が悪い、後味悪い、悪趣味。。。。。もしこの映画を当時デートで見たというツワモノがいたら、それはそれで素晴らしいかも(爆)。多分見た後は会話なくなるだろうなぁ〜。とにかく”気味が悪い”。。。この一言に尽きますっ!!!


ではこの”気味悪さ”をちょっとだけでも味わっていただくために海外オリジナル版予告編をどうぞ♪(日本ヘラルド版予告編は残念ながら落ちてませんでした/泣)

『悪魔の沼』海外版予告編↓

http://jp.youtube.com/watch?v=2y25qYYT5Lw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン 店舗
トビー・フーパー、実録猟奇犯罪映画第2弾!! 〜『悪魔の沼』(’76) ロック&ムーヴィーフリーク別館/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン 店舗
2013/07/06 00:47
エアマックス 2013
トビー・フーパー、実録猟奇犯罪映画第2弾!! 〜『悪魔の沼』(’76) ロック&ムーヴィーフリーク別館/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/09 19:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
予告観たよ、、無気味な感じだこれは、、レンタルせねば、ホラー映画大好きなんで^^テキサスチェーンソーはかなり映画化されてるよね!3作は観たな^^:
ゾンビモノは全部制覇したと自負しておりますー0ー
この手の映画は一番ひ弱そうなヒロインがギャーギャーいいながらもたくましく生き延びるよね^^:
オックスベーカー
2007/10/28 23:52
『悪魔の沼』、DORAMAに置いてあるのでぜひ借りてくれっ!(あちきもそこで借りた)。そして特典映像の日本版予告編を見とくれっ!すんごい気味悪いから(笑)。

テキサスチェーンソー>
『テキサスチェーンソー・ビギニング』なんてのも作られてるねぇ。リメイク版見たけど、やっぱ荒んだ雰囲気は『悪魔のいけにえ』に敵わないと思うよー。
ふぁぶ
2007/10/29 22:53
悪魔の沼観ました、、恐いねーあのオヤジ奇声を発していきなり襲って来る
子供にも容赦なし、ボロホテルが無気味だった><:
フレディ役の人も出てたね、チンピラ役で^^;
悪魔のいけにえは以前観たけど同じ監督だったとは知らなかったよ、どちらもインパクト強い無気味な作品でした。




ヘイスタック カルホーン
2007/11/17 09:46

実は今日、レンタルしたので久々に見てみます。
へるしんぐ
URL
2009/07/08 20:34
へるしんぐ様、カキコありがとうございます!(返信遅れますた/汗)

久々の鑑賞、いかがでしたか?!(笑)。ネヴィル・ブランド、怖すぎです(泣)。
ふぁぶ
2009/07/26 02:14
「いけにえ」のヒロイン、マリリン・バーンズのセクシーシーンが満載で、ある意味重要な作品。「いけにえ」当時18歳の彼女が2年後に演じた子持ちの若奥さん(設定28〜29歳位?)色っぽいですね〜。
 ちなみに他の女優さんは全員ヌードを披露し、マリリンだけはヌードになりませんが「いけにえ」の撮影時にスタッフはマリリンの魅力(色気?)に夢中で、彼女のヌード撮影を企画したらしいのですが、その影響か彼女をセクシーに撮ることにこだわってますね。生け捕りにされた下着姿のマリリンはテープで口をふさがれ、ベッドに縛り付けられ監禁されますが、必死にもがく彼女の全身をねっとりと舐めまわすようなカメラワークはかなりエロチック(あの肉体の上下動はSEXの姿態を加速したものだそうです)。彼女が浴室で服を脱ぎ下着姿になっていく過程もじっくり撮ってるし、マリリンへの強い執着が感じられます。浴室の場面は彼女の匂いたつような色気(んっ・あんって吐息も聞こえる)に頭がクラクラしそうだし、監禁部屋は彼女のむんむんのフェロモンが充満してそう〜。いけにえと比べてパワーアップしたのはマリリン・バーンズの色気でしょうか。
マリリン・バーンズのおっかけ
2009/09/03 19:29
濃いカキコ、ありがとうございます(笑)

そー言われればマリリン、『いけにえ』とぜ〜〜んぜん雰囲気違いますねぇ。てかカツラとるまで全然わかりませんでしたヨ(爆)なんで脱がなかったんだろか。お嬢さん役の人(クリスティン・シンクレア?!)が脱いでえらいビックリしましたもん(笑)
ふぁぶ
2009/09/14 22:10
悪魔の沼は、公開当時私は中学年で、前売り券を2枚買い、丸の内東映パラスと蒲田の東口の映画館に観に行きました。公開時は「dethtrap」と言う現代でした。
愛チャン1753
2012/09/13 20:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トビー・フーパー、実録猟奇犯罪映画第2弾!! 〜『悪魔の沼』(’76) ロック&ムーヴィーフリーク別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる