ロック&ムーヴィーフリーク別館

アクセスカウンタ

zoom RSS キュートな芦川いづみさんにKO!〜ラピュタ阿佐ヶ谷『硝子のジョニー野獣のように見えて』(’62)

<<   作成日時 : 2005/12/12 00:12   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像石原裕次郎さん、吉永小百合さんが活躍していた’50〜’60年代の日活黄金時代にキュートな魅力で画面に花を添えていた女優、芦川いづみさん(写真は’61年『堂堂たる人生)。
自分が初めて芦川さんを意識したのは、よく夜7時台からやっていた”懐かしの昭和のスター大集合”といった特番で紹介されていたのを見た時です。高校生の頃でしたが”可愛らしい人だなぁ”という印象でした。そうはいってもまだその頃はスカパーもありませんし、名画座の存在も知らなかったので芦川さんの作品を見る機会もありませんでした。
そんなこんなで平成5年。邦画ファン最後の砦と言われている素敵な映画館ラピュタ阿佐ヶ谷の恒例企画”昭和の銀幕に輝くヒロイン”第24弾として芦川さんの特集上映がやっていると知り、早速行ってまいりました。今回、鑑賞したのは’62年の宍戸錠さんとの共演作『硝子のジョニー野獣のように見えて』です。

北海道・稚内の昆布採りの家の娘みふね(芦川いづみ)。知恵遅れの彼女は貧困のため人買いの秋本(アイ・ジョージ)に売られるが途中で逃亡する。無賃乗車で車掌に捕まりそうになったところをたまたま居合わせた競輪予想屋のジョー(宍戸錠)に助けられる。ジョーは、自分が見込んだ若手競輪選手と共に函館に向かっていた。あてのないみふねはジョーに付いていく。追ってきた秋本を返り討ちにし、みふねを疎んじながらも心を通わせていくジョー。その時、ジョーが見込んでいた若手競輪選手は恋人と駆け落ちを計画していて、その資金欲しさにジョーに”選手仲間がいい自転車を5万で譲ってくれる”と嘘をつく。ジョーはお金を作るべく奔走するがなかなかうまくいかない。悩んだ挙句、ジョーはみふねを女郎宿に売ってしまう・・・・・。
何も知らず待ち合わせ場所に来るみふね。そこに現れる人買いの秋本。ジョーが来ないことを悟ったみふねは観念して秋本に連れられていくが、秋本は駅で、かつて恨みを買った男に刺され重傷を負ってしまう。回復しても警察に連行されることを知った秋本はみふねに『もう家に帰っていいぞ』と言うが、みふねは『捨てないで!!』と必死に看病をする。連行される日、かつて自分を捨てた女の所在を知った秋本は逃亡し、やがて流しに身を置く。
みふねを捨てたジョーも、若手選手に裏切られ失意の中、板前の仕事に身を置く。
秋本にまで捨てられたみふねは故郷・稚内に必死の思いで帰り着くが、既に家は貧困の為、夜逃げした後であった。失意の中、みふねはふらふらと海に入ってゆく。
その時、みふねを忘れる事ができなかったジョーと秋本が稚内のみふねの実家に辿り着く。が、既に時遅く、海岸にはみふねの履いていたサンダルが漂っていた。座り込む2人。”捨てないでくれぇ〜〜っ!!”、ジョーの絶叫だけが空しく響くだけであった・・・・・・。

とゆーストーリーなんですが。いやーー、切なすぎますよぉこの作品は(涙)。裏切られ続けたみふねが最後に死を選ぶシーンはもう・・・・。知恵遅れの役なので、子供っぽい仕草もうまくこなす芦川さん。ほんとに無垢な美しさがまぶしかったデス。今時の映画ではなかなか見られないテーマの映画なんですが、人を裏切る事の残酷さが見事に描かれていて、考えさせられました。わたくしが見に行ったのは初日だったんですが、朝1回の上映のみにもかかわらず、補助席が出るほどの満員でビックリ(ほとんど年配の方でした)。ところでこの映画で初めてアイ・ジョージさんのお姿を拝見したんですが、いやー、とても男臭い方ですねぇ(笑)。劇中でも『硝子のジョニー』を歌うシーンがありましたが、ほんと美声。
ハッピーエンドではないですが、心に残る作品です。もしCS等で放送の際はぜひご覧ください♪

主に助演で活躍した芦川いづみさんですが、結婚を機にすっぱりと引退してしまいます(お相手はあの藤竜也さん!!)。控えめで、素朴で、真面目で・・・・とおよそ女優さんらしからぬ性格だったそうで、この潔い決断も頷けます。後追いでファンになった自分達は、フィルムに焼き付けられた往年の可憐な芦川さんの作品をいっぱい見て、応援し続けていきたいなぁなんてぼんやり考えちゃいました。

なお、ラピュタ阿佐ヶ谷では今月17日(土)まで芦川いづみさん特集を上映中です。今からだと特集最後の『結婚相談』(’65)しか見られませんが(汗)。
http://www.laputa-jp.com/laputa/program/izumi/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キュートな芦川いづみさんにKO!〜ラピュタ阿佐ヶ谷『硝子のジョニー野獣のように見えて』(’62) ロック&ムーヴィーフリーク別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる