ロック&ムーヴィーフリーク別館

アクセスカウンタ

zoom RSS エレクトリック・ディラン誕生の瞬間が!!〜ボブ・ディラン『ノー・ディレクション・ホーム』〜

<<   作成日時 : 2005/12/04 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

映画館にはよく通う方なので日本公開予定の映画情報にはいつも一喜一憂してるんですが、今回また気になる作品が!!!あのザ・バンドのラストコンサートを記録した傑作ドキュメント『ラストワルツ』をはじめ近年の『ソウル・オブ・マン』等の”ブルースムービープロジェクト”など、良質の音楽ドキュメンタリーを作らせたら右に出る者がいない巨匠マーチン・スコセッシ監督が手掛けた新作が遂に劇場公開決定したとの情報が!!しかも、あのボブ・ディランの子供時代からフォークシンガーとして成功後にエレクトリック化して”ロック”になるまでの歴史を本人のインタビューや、当時の貴重な映像満載の大長編記録映画らしいじゃないですかっ!!!(上映時間3時間30分の大作)。もともとソフト用に製作されたらしく(NHKハイビジョンで既に放送済み)、劇場公開は日本独自の企画とのこと。いやーーー、これは見に行かなくちゃ!!
ディランのドキュメントといえばエレクトリック化前夜の’65年頃のイギリスツアーに密着した『ドント・ルック・バック』(これも必見!!!)という傑作がありましたが、これに勝るとも劣らない素晴らしいドキュメントらしいのでとーーーっても楽しみです♪聴衆の前で初めてエレクトリックセットで演奏しようとして(バックはザ・バンドなのか?!)観客に『裏切り者っ!』と野次られてディランが『お前らこそ嘘つきだっ!』と返す伝説のシーンが遂に見られるんだぁ!!(まさか映像が残ってるとは知らなんだ/嬉)。演奏形態云々ではなく”姿勢、精神的な方法論としてのロック”を体現したこの頃のディランのなんとカッコいいことか!!!(!マーク多すぎですかネ/汗)

この映画のサントラになっているブートレッグシリーズ最新作をはじめ、『ブリンギング・イット・オールバックホーム』、『追憶のハイウェイ’61』、『ブロンド・オン・ブロンド』は必聴ですヨ!!前述の映画『ドント・ルック・バック』のオープニングでの”サブタレニアン・ホームシック・ブルース”のカッコ良さにシビれた高校時代を思い出しました。たまたま、昨日の夜中部屋掃除しながら聴いたみうらじゅんさん&安斎肇さんのラジオ番組ゴールデンタイムで『ノー・ディレクション・ホーム』のサントラから、観客の野次に言い返してから始まる『ライク・ア・ローリングストーン』を流してくれてそりゃぁもう感激しました(感涙)。みうらさんも、この頃のディランがいかにカッコ良かったかを熱く語ってました(笑)。

お正月ロードショーとのことで、みなさまも機会がありましたらぜひ劇場でご覧あれ!!

映画の予告編はこちらで♪ぜひチェックをっ!!→ http://www.barks.jp/watch/?v=1&id=1000009554画像 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
正しい余生の過し方
レコード・コレクターズ2月号に、映画、ノー・ディレクション・ホームについて萩原健太氏がコメントを寄せている。ザクッとした解説から読み取れるポイントは幾つかある。まず、ノー・ディレクション・ホームが、ディランに相当詳しい人間にとっても、驚くべき破壊力を持った映像集だということ。この映画のディランは、本当に凄かった。がむしゃらに唄うディランを初めて見た気がした。特にエレキ転向後のツアー記録には打ちのめされる。破滅的テンションが異様に高い。文中、能地祐子さんが指摘するとおり、ロイヤルアル... ...続きを見る
E-X-M-S
2006/02/20 05:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エレクトリック・ディラン誕生の瞬間が!!〜ボブ・ディラン『ノー・ディレクション・ホーム』〜 ロック&ムーヴィーフリーク別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる